サニスケと授業参観

2021年12月7日(火)

当初予定していた授業参観の日にちが通知の見間違えだったのか、直前の案内で今日の午後と気がつき、慌てて業務調整。会議を切り抜け、猛ダッシュで小学校へ。職住近接万歳。

クラスごとに体育館での参観。道徳の授業は数名ずつに分かれての“ともに生きる“をテーマにした発表。ポスターを作成し説明をしたり、PCのスライドを用いて発表したり、それぞれに工夫を凝らしており、さすが5年生。サニスケたちのチームは車椅子についての発表で、サニスケは、わたしにはひとめで本人が描いたとわかる緻密な車椅子のイラストとともに、構造の説明。話し足りなさそうだな〜と思いつつ聞いていたら、やはり“もっと説明したかったけど、時間制限があって…“と夜に話してくれた。しかしイマドキの小学生は、こういう調べてまとめて発表する学習が多くて、すごい力をつけていると思う。

全員の発表が終わった後、親子対決のボッチャ大会。大いに盛り上がり、接戦の果てに子どもチームの勝利。運動会、音楽会に続いて子どもたちの成長と学校での学びの様子を見せてもらい、一緒に身体を動かして、素敵な一時間だった。ありがとう、サニスケ。

終了後は、再び職場へ戻り、仕事モードへ切り替え。ふええ、仕事は仕事で繁忙期がじわじわと迫ってきている。