お休みの週末

2021年10月17日(日)

この週末はあえてサニスケと長女、自分の休息を意識して過ごした。

10月15日(金)夜、所定の勉強を終えたあと、サニスケと二人で金曜ロードショーを見た。ルパン3世シリーズから視聴者アンケートで人気作を4本放映とのことで、"死の翼アルバトロス"と"さらば愛しきルパンよ"の2本が連続で放映された。この2作は宮崎駿監督が若かりし頃に別名で作った作品で、ジブリ作品大好きな長男(とわたし)は大喜び。少し就寝時間は遅くなったけど、サニスケも満足して消灯。

*

翌日16日(土)の午後は単元確認テスト。前2回は午前中に直前対策に力を入れたら、午後のテストは疲れがでてしまった様子だったので、今回は直前対策はほぼ無し。本人が"漢字と社会だけやる"というので、それだけやって、昼食をしっかり食べてサニスケはテストへ。結果も前2回より回復したので、テスト前はリラックスさせる方がよさそう。本人も、わたしもラクなので、これでよし。なお長女は英語レッスンへ。

夜には“二月の勝者“のドラマ第1回をサニスケと一緒に見た。原作は、オット氏がビックコミックスピリッツを毎週購入している奇特な習慣を持つので、実は連載第1回から読んでいる。長女の中学受験の頃に連載が開始して、“うぉー、中学受験漫画だ!“と吃驚したことを覚えている。

ドラマは原作よりマイルドで“わかりやすい“形になっていたけど、予想以上に楽しめた。パロディやユーモアを解するサニスケもリフレッシュかつ気合が(少し?)入った様子でよかった。来週も一緒に観る予定。

*

17日(日)は、午前中はオフ。ソファでサニスケがイラストを描く隣に座り、録画してあった“さようなら全てのエヴァンゲリオン“をようやく観る。宮崎駿監督の“風立ちぬ“を見たときになんで庵野監督が主人公の声優を担当しているのか不思議だったけど、謎が解けた。しかし天才というのは、天才ゆえに許されるけど、周囲のサポートあってこその天才だよね。

午後は、サニスケは勉強後にプログラミング教室へ。わたしは頭痛首肩背中凝りが限界を超えたので、数年ぶりの整体へ。“凝ってますね“は誰にでもいうのだろうなと思いつつ、“こりゃひどい“とつぶやかれたので、本当にひどいのかなと思ったり。

長女はレポートを頑張っていて寝不足な様子だったので起きるまで寝かせてあげた。夕方からは手伝ってくれて助かった。

夜は通常モードで、サニスケの勉強フォロー。良い週末だった。

定期通院/長女と通院(その8)

2021年10月13日(水)

今日は仕事は休みで、午前中は自分の定期通院。検査の結果、相変わらず鉄が不足気味と言われる。終了後、病院の近くにある中華系のお店へ。小鉢が複数ついた定食風のランチを食べられるお店で、最近は毎回通っている。通院時のお楽しみ。

ゆっくりとまともな昼食を食べる幸せを噛み締めてから、長女との合流ポイントへ。その駅に前にはその自治体の図書センターがあり、少し早めに着いたので立ち寄ってみたところ貸出/返却の窓口だけしかなかったので、挙動不審なひとになって退散。

*

今日は元気だった長女とたくさんおしゃべりをしてから、病院へ。今回はわたしが先に呼ばれて新たな環境に移ったあとの長女の様子などをお伝えする。その後、長女とバトンタッチ。帰宅後も元気は続いており、パ○システムから届いた食材を冷蔵庫にしまってくれて、夕食を一緒に作って、食器を片付けて、お風呂掃除をして、その後サニスケと向き合いで勉強をしていた。

長女とレポート/サニスケとピタリ賞

2021年10月11日(月)

今日は長女は午後から登校、サニスケは夕方から習い事。

帰宅した長女から連絡があり、“転入前のレポートも自宅でやることになったので、今週は忙しい“とのこと。今週が期日のレポートと、転入前のレポート、さらに来週からはスクーリングがわりの映像授業とレポートもあり、なかなか充実してきた。夜には、レポート○教科は提出した、残りは△教科だけ、との話もあり、順調に進んでいるようで何より。やればできる内容なので、きっと手応えがあるのだろう。

やはりひとは、自分にあった帰属する場所と取り組めることがあることが、前向きな気持ちをうむのだなぁとあらためて思う。

*

今日の午後に、昨日受けたテストの結果が出た。事前にサニスケに何点を目標にする?と聞いて本人が答えた点数とピタリ賞の科目があり、小学5年生でここまで冷静に自分の力を見極められるのはすごいなぁ、と感心した。目標なのでもう少し野心的な点数を目指してくれても良いのでは、と思うのだけど、サニスケは、大風呂敷を広げることより着実な目標をクリアする方が落ち着くのかもしれない。兎にも角にも一歩一歩。

サニスケとテスト/おかんとチューニング

2021年10月10日(日)

今日の午後はサニスケのテストのため、送迎。前回ほどではないけど、またもや僻地。テスト会場はどういう基準で割り振られているのだろうか。

昼食を済ませて早めに会場に入ったところ、なんと保護者控室&説明会が!コロナ禍以降はじめて。たとえ受験の可能性がなくても普段なら説明会に参加するのだけど、今日は長女と約束をしていたのでパス。サニスケの背中を見送り、会場を後にする。

*

長女の約束の目的はsurface で使えるスタイラスペンを買うことだったのに、家電量販店には純正品以外は置いてなく。やむなくAmazonにて長女指定の品を発注。あとからスマホ売場にあったのかもしれないと気づいた時にはすでに遅し。しばらくカフェで過ごして、解散。

ちょうどサニスケを会場に送り届けて、長女との合流地点に向かう頃、列車運行停止情報が入ってきた。わたしは長女のときから、テストなど子どもの付添の待機時間は、徒歩、バスまたは最悪タクシー圏内で待機することを遵守してるのだけど、今回もそのルールに救われた。

…というか、今日は英検もあり、あちこちの模試もあったので、影響を受けたお子さんは大勢いるのではないだろうか。

*

長女と合流する前に大型書店に寄り、漫画“日本の歴史“をニコニコKADOKAWA祭り2021(期間中にリアル書店で角川書店の書籍を購入しアプリでレシートを撮影してupすると50%が図書券で還元されるキャンペーン)目当てで購入。別冊近現代史から遡った分と、1巻から購入した分の間を埋めることができた。

レジへ向かう途中で、“自律神経を整える習慣・運動・メンタル“という本を見かけて手に取ったところ、見事に自分に当てはまる(16項目のチェックリストのうち15項目が合致)。作者の小林裕幸氏は最近自律神経界隈で多数の著作を出されているらしい。そうか、自分自身のなんとも言えない不調はこれだったか〜と腑に落ちたので、一度棚に戻したのをもう一度手に取って購入。

体調もそうだけど、色々なことのバランスがうまくないな〜と感じているので、紙の手帳を再開してみたり。スケジュール管理は引き続きGoogle カレンダーを使うけど、時間の総量を予定とタスクを合わせて視覚的に捉えるのは紙に勝るものはなし。今までは、仕事は黒、プライベートは青で書いてきたのだけど、昨夜読んだ手帳本を参考に、青は家庭にして、自分の個人の勉強やリフレッシュに関しては緑、健康に関することは赤で書くようにした。緑が一日一回15分でも30分でも確保できると、多少なりともバランスが回復するのだろう。

“このまま自分はいつまでもつのだろう“と内心で思いながら、過ごしているわけにはいかないので、自分のチューニングは自分でしなくては。

 

↓昨夜読んだ本。Kindle。

↓本日購入。思い当たることがありすぎる。

↓以前に同じ作者の書籍を読んだことがありました。

 

 

長女と1週間

2021年10月9日(土)

長女が新しい学校への登校を開始して1週間が過ぎた。週2回半日ずつの登校はリハビリとしてはちょうどよく、また授業もわかりやすく面白いらしい。教科書も無事に届き、リビングに用意したスペースに収まった。中学入学後は、教科書などは自室に置いていたのだけど、あまりにリビングがサニスケの勉強道具一色なので、長女用のスペースを用意した。長女がリビングで一緒に勉強するとサニスケも嬉しそうなので、相乗効果を期待したい。

旧長女校はiPadだったけれど、新長女校はsurfaceなので2回目の登校の際に持ち帰ってきた。学校で全て設定を行なってくれたとのこと。surfaceは我が家初なので、他の家族が揃って興味津々。何気に一番良い端末を持っている長女。

通信制高校の卒業要件は

  • ①3年以上高校に在籍する
  • ②74単位を修得(必履修科目を含む)する
  • ③30単位時間以上の特別活動に出席する

なのだけど、単位はレポートと単位取得試験で取得する。長女校では、レポート枚数が教科(単位)ごとに決まっており、それぞれの単元ごとに提出期限が決められている。直近の期限が来週に迫っており、早速に勉強を開始した長女。レポートのレベルは学校により異なり、長女校は教科書を読めば書ける内容とのこと(2年次以降は大学受験に向けた勉強が開始するらしい)。

長女にとっては、年間のやる勉強の総量とスケジュールがあらかじめ見えており、必須の課題のハードルが低いことは非常にストレスが少なく、むしろ自分なりに英検や模試の受験なども考えている様子。すばらしい。良きかな。

“椅子が硬い以外は何も引っかかることがない“とのことで、上々の滑り出しとなった。母は、心底、文字通り心の底から安堵した。

*

サニスケは、明日に塾のテストを控えているので、今日は勉強デー。と思っていたら、昼食後にお友だちから遊びの誘いがあり、少し身体を動かした方が良いだろうと、遊びに送り出した。難易度も量も一気にレベルアップした5年後期、“お楽しみ“の時間を確保するためにも、テスト直前に慌てないためにも、スケジュールを組み直す必要に迫られている。

ただ自分のスケジュール管理と異なるのが、実践するのはわたしではなく、小学5年のサニスケだということで、だからこそそろそろ一緒にスケジュールを作りたい。4年最後の塾の保護者会で、“必ずお子さん本人と“一緒に“週間スケジュールを作ってください“と言われたことの意味を今更ながらに痛感している。

長女と初登校/サニスケと振替休日

2021年10月4日(月)

今日は長女の新しい学校への初登校日で、サニスケは運動会の振替休日だったので、わたしは有給休暇を確保。これは大正解だった。

長女の新しい学校は、通学タイプの通信制高校で本来は週5日間10時登校(ただし登校が進級要件ではないので、遅刻や欠席も自由で無問題)だけど、今はコロナ禍の分散登校のため、午前組と午後組に分かれて週2回登校になっている。週2回半日だけというのは、長女のリハビリにとっては非常にちょうど良いペース。

朝は家事をしながら、サニスケの勉強サポート。早めに昼食を用意して、三人で揃って食べる。長女は、昨夜は緊張の方が優っていた様子だったけど、今朝はワクワクの方が強くなってきたかも…とのことで、落ち着いた表情で学校へ向かった。

後から聞いたところでは、事前に紹介を受けて顔合わせした同期編入学のお友だちと学校の最寄駅で待ち合わせして登校したらしい。そのお友だちも私立の中高一貫女子校からの転入で、同じ小学校のお友だちが長女の元クラスメイトだったり、推しのグループが同じだったり、共通点が多い様子。そういうお友だちがいて、本当によかった。

授業もわかりやすく、話を聞く限り予備校の授業に近い様子で楽しそう。“私立の一貫校に比べたら基礎的な内容で、進度も早くないから、むしろ自分で大学受験の勉強したら良いのではと思った“とのこと。そこに気がついてくれたのはとても嬉しいよ、さすがだね。ぜひそのように取り組めると良いね。でも当面は登校のペースを作ることでいいよ。

*

昼前に長女を見送った後、サニスケと三鷹の森ジブリ美術館へ。サニスケは絵コンテやラフ画を夢中になって見ていた。わたしは要所要所に描かれている現代のアニメ産業への批判的なコメントやアニメ制作の裏側が垣間見れる展示が興味深かった。一度来てみたかったので、サニスケがジブリ作品好きに育ってくれて、一緒に来ることができてとても嬉しかった。

ジブリ美術館からの帰路に、タイミング良く長女と合流。ひと休みした後、サニスケは塾へ。重い教材をずっと持ち歩いていたわたしも、ちゃんと通塾するサニスケもえらい(とはいえ、あまりに荷物が重くてふらふらで、美術館で買ったステッカーをどこかで紛失したらしい。サニスケのガッカリした様子に申し訳ない気持ちで泣きたい母)。

*

サニスケを見送り、長女と帰宅。軽食を食べながら引き続き学校の話を聞いたり、夕食の支度を作る間に冷蔵庫の片付けをしてくれたり。長女が元気だと、大変に助かるのだった。

*

“サニスケは見ていて、はがゆいよね。○○(志望校群の中で一番難易度が高い学校)だって狙えるのに、もどかしいよ。最終的に受けないにせよ、受けるかどうかを迷う位置までは行って欲しい。そうでないと後で後悔すると思う。今年の冬期講習くらいで本人が本気になると良いけど“とのことで、完全に同感な母なのであった。

 

www.ghibli-museum.jp

サニスケと運動会

2021年10月2日(土)

今日の午前中はサニスケの小学校の運動会。完全学年入替制で、児童は自分たちの出番以外は教室で授業(と言っても流石に普通の授業ではなく、映画“アラジン“鑑賞だったらしい)。各世帯2名までのチケットが配布され、児童と来場者の記名をして受付。チケットは学年ごとに色が違うため、他学年に混じることは不可。敷物や椅子の持ち込みも禁止で、完全立見。

…ということでコロナ禍以前の例年の運動会とはずいぶん趣が違っていたけれど、純粋に子どもたちの活躍を見学できて、成長を喜ぶことができたし、会場も空いているので、これはこれでありではないかなと思った。

例年だと5年生がソーラン節、6年生は騎馬戦と組体操+ダンスなのだけど、去年の運動会が中止になりソーラン節を踊らなかった6年生がソーラン節、5年生がダンスとなった。5年生は自分たちで振り付けを考えたとのことだったけれど、個人個人の動きが全体でひとつの表現になるのを見て泣きそうになってしまった。

コロナ禍以前に戻ることはなくても、子どもたちからこれ以上多様な経験を積む機会を奪わないで欲しい、と台風一過の青い空を仰ぎながら、心の底から願った。

*

長女は夕方からお友だちと会ってきた。この数日、また頭の中でぐるぐるしているのだろうなという様子で内心心配だったのだけど、帰宅したら元気になっていたので、やはりひとりで家にいる時間はなるべく減らした方が良いのでは、と思った母だった。

学校説明会の記録(その5)

2021年10月1日(金)

男子校・非宗教系・大学附属校

9月のある週末に見学に行った。珍しくオット氏も同行して、サニスケと三人ででかけた。

我が家の志望校群のなかでは一番の難関校、だけど手が届かないわけではないと思っている。サニスケの希望には一番合う学校で、母としても、最近のサニスケの様子からはピッタリな学校だと思う。“難易度を度外視したらどう思った?“と本人に聞いたところ、“そりゃ普通に来たいよ“とのことだった。

現時点で想定している志望校群は、偏差値の幅は相当に幅広いけれど、どこも良い学校で、魅力的。どの学校にせよ、サニスケは中高生活をエンジョイできるだろうと思うので、兎にも角にも、あと一年半、後悔しないように過ごそうね。

*

…もしわたしがいまの経験を持ったまま、小学5年男子になれるのなら、脇目も降らずに勉強してこの学校を志望するだろうと思うのだけど、それはわたしが大人だからわかること。

自分自身、小学生時代はおろか、高校時代だってそんなに脇目も振らずに勉強した記憶はない。わたしが一番勉強したと思うのは、社会人大学院生として留学したときだもの。小学5年生時代のわたしに比べれば、いまのサニスケの方がしっかり勉強しているのは確実。

ただサニスケも長女も、自分自身で、自分の能力に天井を張ることだけはしないで欲しいと願っている(あら、ブーメランが返ってきたような)。

9月の終わり

2021年9月30日(木)

飽和していた9月がようやく終わった。

なぜこんなにいっぱいいっぱいになるのだろうと冷静に考えて、それなりに責任のあるフルタイムの仕事+手抜きとはいえ家事の主担当+長女サポート+長男サポート、なので、飽和して当然では、と改めて自覚した。

*

今月、長女はお友だちと遊びに出かける機会が複数回あり、ホッとした。以前より家事を積極的に手伝ってくれることが何より助かる。山あり谷ありではあるけれど、少しずつ明るい方向に向かっているのだと良いな。手続きについては、在籍校から最後の書類が届いたので転校先に送付したり、在籍校のスクールカウンセラーさんに挨拶をできなかったので手紙を送ったところ、オンライン授業で見るのが遅くなったと連絡をいただいたり(転校しても何かあればいらしてください、と言っていただいた)、転校先の担任の先生から初回登校日の確認のご連絡をいただいたり、移行の月となった。

*

サニスケは10月初旬に運動会が学年入替制にて開催されることになり、9月は学校ではその練習に励んでいる様子。読書の志向が完全に大人になったので、お友だちからも“なぜそんな大人の本を読むのか?“と聞かれているらしい。

これまでわたしは、本人が中学受験の勉強や通塾を負担に感じるなら、勉強は決して無駄になるものではないので、いつでも公立中学進学に変更しても良いと思っていたのだけど、ここにきて、一気に趣味嗜好と思考が大人びたサニスケの様子から(私立/都立問わず)中学受験する方が本人が居心地良い中高生活を過ごせるだろうなと思うに至った。本人もその点は強く実感しているようで、“機嫌のいい時のパパを学校に連れて行って昼休みに語りたい““学校に話があう友だちが欲しい“と言っている。

 

母の読書記録(2021年9月)

 

 

サニスケの読書記録(2021年9月)

ここで昭和史に展開した母の深慮遠謀(笑)

サニスケと保護者会/長女と歯科

2021年9月25日(土)

朝起床したサニスケがソファで半藤一利「昭和史」を読んでいた。電子図書館でわたしが読んでいたのをみたサニスケが「読みたい」というので紙で購入した一冊。500頁の厚い本だけど、結局朝だけで300頁くらい読んだらしい。わたしの小5時代より読書家。

昨夜は長女がソファで読書しており、我が家は読書の秋の模様。良きかな。

*

今日の午前中はサニスケの塾の保護者会。オンライン開催だったので、サニスケも隣で一緒に視聴する。中学受験のカリキュラムは基本的に5年生で一通りの知識を学ぶ(社会の公民と理科の一部単元だけを6年前期で新たに習う)。そして6年は演習を繰り返すことになる。…という説明があり、改めて5年後期の重要性を知る。

後から本人が後悔しないようにあと一年半は精一杯勉強すれば、どこの学校であってもサニスケがのびのびと6年間を過ごせる学校にご縁があるだろうと思っている。重視したいのは、本人が後悔しないようにあと一年半は精一杯勉強すること。でも何より重要なのは、本人が元気で“いま“を過ごすことだ。

*

保護者会を耳で聴きながら、昼食の用意。昼食タイムに家族が食卓にそろうのは珍しい。

午後は長女は英語レッスン、サニスケは塾の単元確認テストへ。

英語レッスンを終えた長女と待ち合わせして、歯医者へ。歯医者のあとはカフェでおしゃべり。平日はなかなか長女と話す機会がないので、貴重な時間。こうやって話していると、すっかり大人になったなぁと思う。