サニスケと土曜授業

2022年1月22日(土)

今日の午前中は土曜授業。例年1月後半の土曜日になぜか放水訓練が行われるサニスケの小学校。長女が小6の時にはさすがに中学受験生は大半欠席していた(そのなかで数名は放水訓練に率先して参加し、親御さんは呆れていたけれど、みんなそれぞれに志望校に進学しているので、コロナ禍さえなければ1月に学校を欠席するか登校継続するかは子どもそれぞれで合否に直結しないと思っている)。

今年はさらに授業参観も予定されており、先月の時点では予定通り開催予定との確認をしたので、希望休を確保していたところ、感染急拡大により防災訓練も中止になり、授業参観については案内すら来なかった。

帰宅後に“防災訓練の代わりに何をやったの?“と聞いたところ、“フツーの授業“とのこと。それなら今日を休みにして、月曜を授業にしてほしかった…。

*

通常通りに起床し、サニスケを見送り、そこでわたしの意識は途絶えた。気がついたら熟睡していて、目を覚ました時には心身に少しエネルギーが戻ってきたことが感じられた。

午後は美容院に行き、またまた爆睡。これだけ寝ると少し睡眠負債が軽くなる。

*

昼食に焼きそばを用意。最近午前中に起床していることが増えてきた長女が手伝ってくれたので助かる。数日間没交渉だったオット氏にも声をかけて、焼きそばで日常復旧。内心今回ばかりは相手から復旧の動きがあるまで待とうかと思っていたのだけど、毎回のごとく今回もわたしからキッカケを提供。睡眠不足が解消して少し心のゆとりが戻ってきた証左。その後、夕食と翌日の夕食も引き受けてくれたのは、わかりにくいけどオット氏の気遣いなのだろう。

おかんと通院

2022年1月21日(金)

今日の午後は早退して、前回12月17日の続きの通院(3回目)。待合室で爆睡、名前を呼ばれてハッと目覚める。

たまたま代診の先生で、前回までの経過と今日回答する予定だった積極的対応をするか否かについて、当面は様子見するという結論をお伝えする。その後、そもそも受診するキッカケになった“あれ?“と思ったことを相談すると、“そういうことでしたら、Aという対応やBという対応がありますね“とのこと。おお、それが聞きたかった〜。代診の先生で当たりだった。

ただ今後もこの総合病院に通院するためには仕事を休まなくてはならないことも併せて相談し、ここを紹介してくれた元のクリニックでもその対応は可能であることを確認。返信の文書を発行してもらい、次回からは元のクリニックへ受診予定。

*

早めに夕食を用意して、先にサニスケに食べさせてから、サニスケの歯科受診。左の奥歯に虫歯疑いとのことで、レントゲンやCTを撮影。結局次回治療となる。そして仕上げ磨きの再開を指示されたので、また頑張らねば。なお乳歯がラスト1本になったので、以前からの懸案の矯正についても改めて相談することになる。えええ、これから新小6になるこの時期の矯正開始は避けたいのだけど…

黄色信号

2022年1月18日(火)

今日も仕事。

*

今朝、珍しく起きていた長女から、先週からの閉鎖モードの原因が、わたしとオットとのある会話にあったと聞かされた。実はその会話をしている最中に、これは禍根を生むぞと頭の隅がチリチリしていたのだけど、そのときには長女も笑っていたので、そのままにしてしまった。

さらにその話を聞いたのが、朝の戦場タイムだったので、長女に寄り添ってあげる余裕がない応対をしてしまったため、重ねて反省。

申し訳なかったと思っているのも心底真実だけど、でも正直な気持ちを言えば、朝はとにかく戦場モードなので別の時間帯だったらもう少し違う対応ができたのだけど、と思った。

*

夜に、サニスケを習い事から迎えて夕食を食べさせ終えた頃に、長女が降りてきた。しばらく前に某予備校から共通テストをオンラインで解く無料模試?の案内が来て、長女が英語だけでよければ受けてみると言ったので申し込みをしていたのだけど、その模試(というか今年の共通テスト)の英語を解いたとのこと。そのほか、大学についてもサイトなどで調べている、とのことで、しっかりと前を向いて取り組んでいることが嬉しかった。

ルーチンな日曜

2022年1月16日(日)

今日は志望校判定模試があったのだけど、前日が単元確認テストで連続になることと、テストを受けたからといって成績があがるわけではない(成績をあげ合格に近づくためにはインプットや間違えた問題の直しの方が重要で、インプットしなくてはいけない事項も直しする素材もすでに山のようにある)ため、今回はパス。代わりに日本史(昭和史)のオンライン講座を視聴。

文系ではわたしが一番信頼する先生の講座で、録画ではサニスケも何回か聴いてるけど、リアルタイムは初。隣室で音声だけ聞いていたけど、めっちゃ楽しい。このノリの講義ならよく理解できると思った。サニスケは昭和史は得意中の得意なので、"この先生と話してみたい"と言っていた。子どもたちと一緒に学びなおしできるのが最近の幸せ。

講義終了後、昼食を兼ねて買い出し。

土曜出勤

2022年1月15日(土)

今日は仕事。サニスケの昼食をモルモルが引き受けてくれたので助かった。サニスケ自身も久しぶりのモルモル宅を楽しみにしていた模様。

土曜日は会議や電話等がないので、自分の業務に黙々と集中できる。途中でオンライン採用セミナーを傍聴。夕方にあまり嬉しくないニュース。まだ遠いけど、今回は波を逃れられないだろうな。ブースターが間に合うことを切に祈る。

朝は共通テスト会場での事件、帰宅するとトンガでの大噴火。トンガの噴火の影響はまだまだこれから明らかになるのだろう。

*

長女は英語レッスン。体調が悪いようで、スイーツビュッフェ後の火曜日からは閉鎖モード。会話がないのは心配で寂しいけれど、最低限の食事は食べていて、家事もやってくれて、学校や英語レッスンにはちゃんと出かけているので、大丈夫。結局親にできるのは信じて待つことだけだなぁとあらためて思う。

*

サニスケは、単元確認テスト。社会が昭和史が範囲で得意中の得意な単元だけど、漢字ミスで満点を逃したとのこと。この時期に自分の強化ポイントを自覚できているのであれば、そこを強化するだけ。

***

以前にオット氏が、唐突に自閉モードに突入することがしばしばあり、当初は自分のせいかと随分オロオロした時期があったのだけど、オロオロしても状況は全く改善しないことを把握したので、ある時期からは自閉モードに入った場合は静観に限ることを学んだ。自分の機嫌を取ることは自分にしかできないので、周囲に降り回されない方が得策。

そんなわけで色々気掛かりなことはあるけれど、それは考えても仕方がないことばかり。自分は自分のできることに集中するために、夜はヨガをやりながらFPの勉強の動画を見た。先日歯科で“歯を食いしばってますね“と指摘され、整体で“肩にいつも力が入っていませんか?“と言われて、どれだけ…と我ながら思ったので、ヨガを再開したのだけど、やはりとてもいい感じ。続けようと思った。

サニスケと社会科見学

2022年1月14日(金)

今日のサニスケは社会科見学。浅草→公園で昼食→劇団四季観賞という豪華コース。

コロナ禍以前は2泊3日恒例だった5年生の宿泊学習。代わりに規模を縮小して予定された校外活動が夏の緊急事態宣言で中止になってしまい、代替の代替としてのお楽しみの社会科見学。長女の頃は4〜5年生はたくさんの校外学習があったのに、コロナ禍で全て流れてしまい、ようやくようやくの機会なので、なんとか実現してほしいと願っていた。あいにく今週は感染急拡大ではあるけれど、市内の学校ではまだ陽性者は生じておらず、冷静に判断をしてくださった先生方に心から感謝したい。

お弁当はおにぎり指定だったので、中身にチキンナゲットを入れてソフトボールより大きいおにぎりを二つ用意した。北風吹く寒〜い公園で食べたそうだけど、それもまた良い思い出。

浅草は予想以上に楽しく気に入ったようで、また行きたいというので、感染状況が少し落ち着いたら家族で出かけたい。劇団四季の演目は“アラジン“で、音楽会で自分たちが演奏したばかりなので、楽しく観賞した様子。“思っていたより、楽しかった。よかった“とのこと。

コロナ禍で行事が大幅に減ってしまった小学校生活の貴重な思い出ができて、ほんとうによかった。なんだかホッとした。

*

お土産は気にせず自分の欲しいものを買ってくるようにと伝えておいたのに、帰宅したらテーブルにお土産の小さな可愛らしいだるまさん(父親、姉の分と3つ)と人形焼が置いてあった。色の選び方が上手で、気遣いが嬉しかった。お母さんのだるまさんはサニスケ自身の合格祈願をかけようね。きっとご利益があるよ。

 

 

 

ダウンの日

2022年1月13日(木)

今日も仕事。午後に重要な会議があり、新型コロナウイルス感染症急拡大につき一部対面、一部リモート参加のハイブリット開催に。設営担当からするとハイブリット開催は一番厄介で、カメラ4台設置のうえ、ヤマハのおにぎりスピーカー(YVC-330)を投入したけど、それでもやはり話し手の位置と話し方により音割れが発生してしまう。今後もハイブリット開催は予定される見込みなので、スムーズな設営を目指したい。

*

仕事を終えて帰宅したところ、オット氏は整体、長女は学校からまだ帰宅しておらず、サニスケは塾、で誰もいない。オット氏と長女に夕食を自己調達するように連絡して、自室でダウン。ここで休めたので、サニスケを迎えに行く頃には回復でき、サニスケの夕食だけはなんとか用意することができた。

学校説明会の記録(その10)

■11校目

男子校・非宗教校・非附属校

以前から気になっていた学校で、ようやく訪問することができた。時期的に6年生対象かなと思いつつも、対象学年の制約はなく予約が取れたので、希望休を確保して出かけた。

我が家からだと交通の便がいまいちかなと思ったけれど、学校が最寄駅から至近なのと、別路線でも行かれることがわかり、通学可能と判断できたのが最大の収穫。というかこの路線まで視野に入れるなら、もう少し範囲を拡げられることに気がついた。先入観で制約しないようにしなくては。

オンラインの説明会には以前に参加したことがあり、好印象を持っていたので、今回の説明会でもその好印象は変わらず。“普通の男子校“で、休み時間に校舎のリアルを中継で紹介してくれた生徒さんの様子は、中学1年生はわちゃわちゃと楽しそうで、高校生は集中して自習していた。

この時期の説明会なので出題傾向についての説明もあり、来年もできれば参加したい。でも来年の1〜2月にそんなに休みを取れるのだろうか、果たして。

 

↓もはやバイブル

 

サニスケと始業式

2022年1月11日(火)

今日からサニスケの小学5年生3学期が開始。給食はまだ開始せずに、通塾は通常のため、昼食と塾前お弁当の二食を用意してから出勤。サニスケが“そんなにしてもらって申し訳ない“というので、気にしないように伝える。サニスケはたまに気にしすぎるのだけど、大人びた表現に、吃驚した。

学校から持ち帰ったお知らせによると、今週後半は校外学習の予定。振替の代替なので、感染急拡大ではあるけれど、なんとか予定通り実施してほしいと願っている。

*

仕事は午前中は会議×2、午後はオンラインセミナー。途中でグループワークがあり、地方の他法人の方とお話しできた。数年前から少しずつ耳にしていた共通の課題がいよいよ一般化してきた印象。この先の状況は一気に厳しくなる。