オンライン授業の弊害

フランスの19歳の大学生がマクロン大統領に宛てた長文の手紙と、大統領からの返事を読んだ。大統領がこのような返事を出せることと、さて我が国で同じ出来事があったら首相はどうするのだろうと考えて暗澹たる気持ちになったけど、それはさておき。

https://www.designstoriesinc.com/europe/lettre-heiji/

 

フランスでは大学はずっとオンライン授業が続いており、その絶望について、少人数でも個別でも手段はあるではないかと迫るこの19歳のフランス人の手紙を読んで、日本の大学も全く同じで、長女もまた同じなのだと、まるで長女からの手紙のように思えてしまった。

この手紙にもあるように最初は新しかったし、通学もなくて便利だと思った。だけど気がついたらこの手紙に近い状況になっていた。

自宅にひとりでいる時間が長すぎることも、本人も認めているように“豆腐メンタル“であることも、要因だと思う。でもこのハイジさんの手紙を読んで、これは我が家だけの問題ではないのだとよくわかった。そしてほんの少し、勇気を得た。

***

当初の予定では、明日は高校の制服採寸日だった。“制服可愛くな〜い“と言いつつも(そしてわたしは小学生の時は“あの制服素敵!“と言っていたのになーと内心で思いつつも)それでもきっと長女はお友だちとわきゃわきゃしながら制服採寸していたはずなのに、と思うと悔しい。簡単に延期するのではなく、子どもたちの気持ちを尊重するなら、希望者だけでも少人数ずつで時間を区切る等のやり方はあったはずだ。

去年の冬の一斉休校の際にいち早くオンラインに切り替わったのはさすがだと思ったけれど、他校が登校再開してもオンライン授業を延長したあたりから、学校の判断に疑義を抱くようになってしまった。

…学校にこのハイジさんの手紙を教えたら、少しは長女の、子どもたちのつらさは伝わるのだろうか、担任の先生に話してみようかと思っていたところ、学校から保護者宛の手紙が届いた。我が家だけでなくオンライン授業のメリットより弊害が大きいと感じている保護者が多数いることが察せられる内容だった。これ以上の安易なオンライン授業の延長は回避されそうなので、続報を待ちたい。

 

Kindle oasis到着

年始のセールでkindle oasisを購入し、昨日届いた。

わたし自身はKindleをiPhoneアプリで読むことが大半だけど、子どもたちにはiPad miniを使用許可しており、アプリだと配信の制限等ができず、約束は守る子どもたちとはいえ少々気になっていたのだった。サニスケからiPad miniの容量が足りなくて新しい本をダウンロードできない(都度読まない本を「端末から削除」しつつ数ヶ月対応していた)との申し入れがあったので、クリスマスにドライヤーしか買わなかったしと言い訳をつけて、購入に踏み切ったのだった。

開梱して電源を入れたら、わたしのAmazonアカウントと紐付けられており、さらにWi-Fiの情報まで引き継いでいるあたり、楽だしすごいな〜と思うけど少し怖くもあったり。

Oasisにしたのは、ページ送りが物理ボタンなのが良いと思ったのだけど、予想通りこれは良い。端末からの購入をオフにする等の設定をして、子ども用の本(大半が漫画)を端末に配信。サニスケは漫画はKindleで、活字は紙でを好む。できれば活字の本もKindleで読んで欲しいな(kindle unlimited にはぼくらシリーズなどサニスケが好きな作品も入っているので読んでくれるとお得なのだ)。

***

今日は土曜出勤の日で、初PCR検査。補助金が出るので、このタイミングで未検査の全職員実施することになっただけで、特に何かが起こったわけではない。できることなら毎朝検査したいくらい。体温計くらい気軽に検査できるキットがあれば良いのになあ。

長女とリモート差し入れ

オンライン授業の長女からSOSが届いたので、昼休みに遠隔UberEatsで本人の大好物をデリバリーしてチャージしてあげた。夜に“あれがなければもたなかった、ありがとう“と言ってくれたので、正解だったらしい。よかった。

甘やかしすぎではと思わなくもないけど、いまは本人の気持ちを尊重して、甘やかしてあげてよい時期だと思う。

重要なのは、デリバリー自体ではない。コミュニケーションだ。そしてコミュニケーションとは言語的なものだけではない。

***

年末年始に目覚ましアラームをつけずに数日眠ることができたところ、自分の適正睡眠時間は8時間ではないかと気が付いた。これで、5時間以下しか寝ていなければ睡眠負債が溜まって当然だろう。就寝時間を早めるのは難しいので、最近は隙間時間を睡眠時間に充てるようにしている。

 

 

在宅の日

今日は仕事は休みだったので、午前中は銀行などの用事を済ませる。長女がオンライン授業で在宅していたので、お昼はUberEatsにて長女の好きなキンバを。“こんなにしっかりお昼を食べるの久しぶり〜“と言いながら、おいしいおいしいとパクパク食べていた。休憩時間には部屋から出てきて、一言二言でも会話し、また部屋に戻ってオンライン授業を受けていた。

その姿を見ながら、わたしがリモートワークできればベストなのだろうなとまた思ってしまった。わたしの業務はリモートワーク可能だけど勤務先の大多数の職員はリモートワーク不可の直接援助業務なので、導入はなかなか難しい。個人的にはバックオフィス業務は将来的には分業を進めてリモートワークやRPAを導入し、障がい者や小さい子どものいる方など“働きたくても家を離れることが難しい“ひとが働ける環境を実装することしか活路はないと考えているけど、それはまた別の話。なので、当面、長女がオンライン授業の間は週1回でも平日に休みを入れて在宅(自主在宅ワークともいう)しようと思った。

 

 

サニスケと今日のひとこと

その1)寝る前にハリーポッターを読んでいたときのこと。

ままい "脱兎のごとく、というのは…"

サニー "わかった!だからダットサンという車があるのだね!"

…いや、それは違うのではないかな??

と思ったのだけど、調べたらそこがダットサンの名前の由来だった!完敗。

 

その2)と言う話を翌日にしたときのこと。

サニー “調べたの?“

ままい “うん。調べたよ。サニーくんが合ってたよ“

サニー “だって最初は脱兎という漢字使ってたんだもの。確かフェアレディZがダットサンだったはず“

…ええ?そうなの??と思って再び調べたところ、確かに当初は“脱兎号“と名付けられていたとのこと。さらに初代フェアレディZは確かにダットサンブランドだった。恐るべし、サニスケの知識量。てゆーか、どうしてそんな古いことを知っているの??

 ***

実は都内一泊を予定していたけど、感染拡大とgo to中止によりキャンセルした連休だった。残念だけど、またの機会を楽しみに。

今日はサニスケの用事のため外出。これも迷ったけど、リスクは低いと判断。遠回りしてターミナル駅を回避して、小さな電車に乗ったところ、予想通りサニスケは大いに気に入ってくれて、駅で降りるときに残念がっていた。わたしも好きな路線なのだけど、ずいぶん久しぶりに乗ったなあ。また乗りに来ようね。

 

仲良きことは美しき哉

今朝珍しく長女がわたしの部屋にきて"一睡もできなかったー“と言うので、一緒に寝る?と聞いたら素直に隣に横になった。先客のサニスケもいたので、シングルベッドに3人でぎゅうぎゅうで幸せなひとときだった。その後、二人でベッドに並んでゲームをしていた後ろ姿を思わずパシャリ。

遅めの朝食は初UberEatsに挑戦。今更だけど、クレジットカード支払いで受け渡しをせずに玄関外においてもらえるのは時節柄ありがたい。長女がオンライン授業の間の昼食を作るのがどうしても厳しい時の逃げ場に使得ることに気がついた。素晴らしい。

フリータイムを挟んで、サニスケの勉強をするときに算数のわからないところを長女が教えてくれて、大いに助かった。サニスケもわかりやすかった!と言うので、今後は算数のわからないところをわたしが教えるのはやめて、長女か塾の先生に質問してもらおうと思った。

正直、仕事と家事とサニスケの勉強のサポート(スケジュール管理等)まででいっぱいいっぱいで、余裕のないわたしが直接教えることは避けたかったので、大変に心強い助っ人の登場に安堵した。

***

首都圏中学受験の世界では、今日は埼玉入試の解禁日。来週は大学共通試験。サニスケは2年後に、長女は3年後に受験することになるのだろう。それぞれに悔いのない時間を過ごしてほしい。

中学受験も高校受験も大学受験も、全ての受験生が実力を発揮されますように。

 

↓3年前の今日の記録。あの日の長女の背中を一生忘れない。

(前哨戦とは書いたけど、進学可能性のない学校は受けなかったので、ここも併願校でした)

fuchikoma.hatenablog.com

 

サニスケと“天空の城ラピュタ“

今日から学校再開。長女は来週までのオンライン授業が決定しており、サニスケは登校。

2019年8月に地上波で放映されていた“天空の城ラピュタ“を見たときからお気に入りのサニスケ。3学期初日の今日の宿題の“冬休みの絵日記“にラピュタ鑑賞についてかき、ラピュタの一場面を絵に描いていたほど(前半の親方VSドーラ息子の力自慢対決の場面という選択で、“だって面白いから“とのこと)。長女もサニスケも絵が上手いのは誰に似たのだろう。絵心のない母には羨ましい。

物語のおもしろさもさることながら、サニスケの興味は徹底的にメカニックや機構に向けられている。フラップターが母艦に収容されエンジン停止するプロセスに感激しまくり、ゴリアテや雲や風の描写に声をあげて喜び、そこまで喜んでもらえるなら監督も本望だろうと思うほどに描写を満喫している。これは1986年の作品で、この時代はまだCGではなくセル画なんだよ、と教えてあげたら、これが手描き⁉︎と感激に拍車がかかっていた。そんなサニスケの様子にすごいな〜と感動してしまった。

ラピュタはわたしが一番好きなジブリ作品で、わたし自身が何度見ても飽きない。二番目に好きなのが“紅の豚“なのだけど、サニスケはこちらも気に入ってくれるだろうか。

***

数日前にサニスケから“こんなオタクみたいになっちゃってごめんね“と突然言われたのだけど、いやいや、全く気にする必要はないよ。オタクというと語弊があるけど、いくらでもひとりで没頭できる好きなことや自分はコレ!と言える知識や価値基準があることはあなたの人生を豊かにしてくれて、この先のつらいときの救いになり、あなたの強みに繋がるよ。だからこれからも自分の“好き“は堂々と大切にしてね。

 

↓サニスケとラピュタの初邂逅

fuchikoma.hatenablog.com

 

↓このあたりも好きそう

宮崎駿の雑想ノート

宮崎駿の雑想ノート

 

 

 

子どもたちと冬休みの終わり

今日で子どもたちの冬休みも終わり。

夏休みに続き冬休みも遠出はできなかったけれど、近場で一泊することができた。環境が変わり、目に入る光景が変わると、それだけでリフレッシュできる。

長女はお友だちとの遊ぶ約束は新型コロナウイルスの感染者激増に伴いほぼ全てキャンセルせざるを得なかったけれど、夜の遊園地には遊びに行くことができた。勉強面は学校の朝のオンライン自習に全て参加し、大量にあった数学の課題を終わらせたことが素晴らしい。生活面はベッドを入れ替えてあげられて、必然的に部屋の大片付けをできたのがよかった。

サニスケはずいぶん久しぶりに近所の公園で学校のお友だちと遊ぶ機会があった。勉強面は塾の冬期講習をペースメーカーに、ひとりの時間に宿題をすることで比較的よいサイクルができた。本人が気がついていたか不明だけど、冬期講習の授業と家庭学習のサイクルは2月からの通常授業サイクルに近いのでスケジュール感を把握できたのはよかった。学校の宿題は書初めだけで、2日の朝に自発的に終わらせていた。生活面は自転車単独デビューを果たした。

サニスケの自転車や長女の睡眠時間など心配は尽きないけれど、それぞれの成長を信じて見守るしかない。