”お父さんのラッパばなし"

サニスケの読み聞かせは絵本をずーっと読んできたのだけど、そろそろ新しい本を読んであげたいな、かといって絵本をいまさら買うのはどうなのかと思い、物置部屋兼書庫に潜り、瀬田貞二"お父さんのラッパばなし"(福音館,1977)を発掘。短編連作集なので1話ずつ読んであげることにした。

瀬田貞二さんといえばナルニア国シリーズやホビットの冒険、指輪物語の翻訳をなんどもなんども読んだけれど、もしかしたらこのラッパばなしがわたしの最初の出会いだったのかもしれないと懐かしく思い出した。

お父さんのラッパばなし (福音館創作童話シリーズ)

お父さんのラッパばなし (福音館創作童話シリーズ)

英辞郎に再会

しばらく前のこと。ムスメが英和辞書を学校に置いてきてしまったらしく、カフェで勉強するために電子辞書がほしいと言ってきた。

学生が勉強するなら紙の辞書がよいのは当然だけど、ムスメの行動性格からは電子辞書の方が活用するのだろうなと迷っていたときに、スマホに辞書アプリをいれてあげれば万事解決!と名案を思いついた。

そんなわけで辞書アプリを色々調べて、まず自分でインストールして確認したのちにムスメのiPhoneにも”英辞郎”をインストールしてあげた。ユーザー登録すると使える単語帳機能まである模様。

”英辞郎”をわたしが最初に使用したのは大学院にいた頃に”専門用語が多く収録されているから”と指導教授から勧められたのがキッカケで、一番初めはCD-ROMだったように思う。留学から帰国して英文を読まなくなってからはすっかり縁遠くなっていたけれど、まさか10数年後にムスメのために再会するとは。しかもすっかり高機能になっていて、見違えるように出世した昔の友人に再会した気分になった。

せっかくなのでわたしも子どもたちに聞かれて意味を思い出せない単語については、単語帳に登録するなど、無理なく活用していこう。

子どもたちと英語

午前中は美容院。午後は、文字通り時間刻みのスケジュールで、美容院のお姉さんに話したところ、”休みの日でも忙しいですねぇ”と嘆息されてしまったけど、ムスメとカフェ勉強、習い事の面談、不要になったキッズケータイの解約手続き、サニスケの夏期講習の迎え。ムスメにはカフェでお茶したので、サニスケの労いのためアイスを食べてから帰宅。
 
子どもたちの通う英語教室は定期的に面談があり、教室での様子を情報共有してくれるほか勉強全般の相談に応じてくれる。ムスメがいま取り組んでいる内容は相当にハイレベルなので自宅では手こずっている様子だけど、先生からの評価は高いことが判明。自宅でやるべき勉強方法を教えてもらったので、サポートしていきたい。
 
サニスケは今年の1月からス○イルゼミの英語を始め、6月からムスメと同じ英語教室に通い始めた。Phonicsを一番最初から取り組んでいるのだけど、ちょうど3ヶ月分12回のレッスンが終わったところでテキスト1冊をマスターし、次回からは2冊目に。これはかなり早いペースなのだそうだ。サニスケはおそらく元々の性質と、ちょうど小学校に入学したときに姉が勉強真っ最中で家中が勉強モードだったことが重なり、早い時期から勉強習慣が定着しているのが強み。
 
 ムスメは小学2年生のときに自宅近くの英語教室に通いはじめ、その先生がご家族の転勤で教室を終了したことから、小学3年生の春〜冬は他の英語教室に通い、先に通っていたお友だちから紹介を受けて小学3年生(2015年)の3月から今の英語教室に通っている。ちなみに最初の英語教室のおうちの当時中学生だったお子さんがいまムスメの通う学校に合格したばかりで、そのときに話をきいたことがムスメの中学受験をわたし自身が初めて意識したきっかけだったりする。
 
子どもたちの通う英語教室がよいなと思うのは、英語を英語として理解することに主眼が置かれている点で、わたしもこんな英語教育を受けてみたかったと面談のたびに思うのだった。
 
なお今回の香港旅行で、ようやくムスメが英会話を実践するようになり、内心でしめしめと思ったおかんであった。別に英検や受験のために早くから英語に触れさせているわけではないのだ。

サニスケと夏期講習

今日からサニスケは夏期講習。家を出る時間から逆算すると学童から昼食前に帰宅することになり、本人の希望で今日の学童は休み。今週はお盆休みのご家庭が多いのだろう、毎年のことながらこの時期の学童はスカスカ。サニスケひとりで在宅も可能だけど、中学2年生のムスメがいるので安心。以前はモルファルに都度お願いしたりしていたけれど、そのような調整が不要になり、その点は楽になった。

夏休みの開始前、子どもたちふたりの夏休みのスケジュールをExcelで作成していたときに、この夏期講習が開始したら夏休みも後半だなぁと思っていたけど、日々過ごしていたらたどり着いてしまった感あり。冷蔵庫に貼ってあるそのスケジュール、一日の終わりに赤線をひいているのだけど、着々と予定が終わっていくので達成感がある(わたしが)。

なおサニスケの学校の宿題のうちドリル系はこの夏期講習前に終わることを目指しており、無事に完了することができた。残るは毎日取り組む自由研究とリコーダーの練習のみ。リコーダーの練習、実は意外にハードルが高い。

ムスメは大量に宿題が出ており、それでも毎日コツコツ頑張っているおかげで、時間がかかる大物系は終了。ムスメの宿題で一番ハードルが高いのは、休み明けにある中学1年〜高校3年生まで全学年で同一問題が課される社会の実力テストの準備だ!

おまけ。定時退勤して夏期講習から帰宅したサニスケを連れて矯正歯科へ。今日は検査だったので”お母様はこちらでお待ちください”とコーヒーも雑誌もある待合室で待っていたので想定外の休息タイム。次に呼ばれたのは、サニスケが初の型取りでリバースしてしまい、Tシャツは水洗いしたので、着替えを取りに帰るか、上半身裸で帰るかを問われたときだった(わたしの解決策はどちらでもなく、自分の着ていたシャツを着せて帰った)。さすがに小児専門の歯科だけあって、そんな出来事にも全く動じずに、最後まで頑張ったサニスケを褒めてくださった。感謝。

黙祷の日

職場で正午に放送が入り、黙祷。

わたしの祖父は全員わたしの誕生前に亡くなってしまったこともあり、戦争についての話はもっぱら母方の祖母からのみ聞いてきた。そして祖母の話は戦後の話が大半だったので、実は戦時中の話を直接に聞いた記憶は少ない。ただそれでも実際に体験し、生き抜いた祖母から直接に話を聞いて育ったということはとても貴重な体験だったのだと、最近特に思う。

いま当然に過ごしている日常生活は平和のうえに成り立っているのだと、あらためて考えた一日だった。

三世代食事会

今日の夜は三世代食事会。直前まで仕事をしていたので、なんだか不思議な気持ちだったけど、美味しい料理と楽しいおしゃべりで、よい夏休みの一日となった。感謝。

モルファルの喜寿のお祝いをかねているので、義姉に協力をしてもらい寄せ書きを用意して渡したところ、大いに喜んでもらえてよかった。

リビングの片付け(DVD編)

今日の午前中は意を決してリビングの片付けに着手。DVDをぜ〜んぶ取り出して、分類。大量の廃棄&売却用DVDを袋詰めして、TV周辺に散乱していたオットのDVDを棚にしまう。

自分の物で残したのは、”キリング”と”刑事ヴァランダー”(2作品ともに北欧刑事ドラマ)、”サウンドオブミュージック”(一番好きな映画)、”BOOWY1224”、それにサニスケが最近大好きな”タンタンの冒険”のボックスセット(留学するときに友人がくれた餞別)。あとはVHSで、高校時代になぜか出演したクリスマスの生誕劇を録画した映像(黒歴史…)、NEWEST MODELとオザケン。

床に積んだDVDをみて、サニスケが”たくさんあったんだねぇ…”というので、”ほんの数年前まではprimeビデオもhuluもなかったし、映画を自宅で好きなときに見るためにはDVDを買うか借りるしかなかったのよ”と説明しながら、この数年におけるサブスクリプションの急激な広がりをあらためて実感した(わたしが小学生のときに実家にVHSのデッキが購入された記憶があるので、そこからの変遷を思うと感無量になる)。

なおサニスケに、”カーズのDVDは残しておくのでしょう?”と尋ねたところ、”ううん。なぜ残しておくの?”というので、カーズは卒業となった。一時期はサニスケといえばカーズで、カーズ2など見すぎてディスクに傷がついて2回買い直したほどだったのに。感慨深いものがあるなぁ。

THE KILLING/キリング DVD-BOXI

THE KILLING/キリング DVD-BOXI

 
刑事ヴァランダー シーズン1 DVD-BOX

刑事ヴァランダー シーズン1 DVD-BOX

 
カーズ2 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

カーズ2 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

 

ごく普通の日曜日

夏の予定を決めるときに、何度かオットに帰省しなくてよいの?と確認したものの、その都度”暑いから行きたくない”という返事だったので、今年は(も?)夏の帰省はなしとなった。世間では昨日から夏季休業の企業も多いけど、我が家は単純な連休。

今日の午後はサニスケが初めてお友だちのおうちに遊びに行ったので、珍しく三人で買い出しに出かけた。ムスメが一緒に付き合ってくれると、おしゃべりできて楽しく、食材を選んでもってきてもらえるので実務上も助かると実感した(そしてムスメにとっても買い物の大変さや、食材の価格や物価を知ることができるのは悪くないと思う)。

買い出しから帰宅後、ムスメと定番カフェタイム。結構まとまった時間を過ごしたので、このニキに旅行記録を書くことができた。

 

 

大残業の日

今日は土曜出勤。

サニスケは午前中ロボット教室、午後は習い事。ムスメも午後は習い事の掛け持ち。昼食はモルモルが一緒に、と言ってくれたので、お弁当は作らず大変に助かった。子どもたちもお弁当続きだと飽きてしまうようで(その他の理由もあるかもしれないけど)、喜んでいた。

週明けの会議デーの準備をしていて、大残業。21時過ぎに帰宅したとき、子どもたちは予想外にハイテンションで過ごしていたので、先に閉店させてもらった。