ポコンたんとデートの日

ムスメの学校では展覧会や美術展を鑑賞して感想を書く課題があり、夏休みの課題かと思っていたら年間2本が課題で締切が来月初旬とのことで、今日は長女と展覧会へ。

今日の目当ては上野の森美術館で開催中のフェルメール展だったのだけど、時間指定入場制ですでに本日分の最短が17時入場分だったので、パス。

ムスメが「なんでもよいから並ばずに入れるところがよい」というので、東京都美術館へ向かう。こちらのムンク展は本日最終日で90分待ちの行列ができていた。わたしが最も頻繁に展覧会に足を運んでいたのは学生時代〜独身社会人時代で平日に行くのが当たり前だったので、こんなに混雑しているとは完全に想定外だった。そりゃあ、商業展覧会が乱立するはずだよなぁ。

東京都美術館で複数開催されていた公募展からムスメが選んだのが「第5回 日米国際作家交流展」で、絵画あり立体あり、で若手芸術家の作品が展示されており、「これ好き!」とムスメが言うような作品もあり、ホッとした。会場では公開制作の様子も見学できたり、「写真はご自由に。ぜひ拡散してください」などと言われたり、混雑のなか有名絵画鑑賞するより、気軽に落ち着いて見学できたのはよかったかな。芸術はもっと身近で気軽な存在だよね、と思ったおかんであった。

先日の保護者会で来年以降も継続する課題と説明があったので、今後はもう少し計画的に有名作品と身近な作品の両方をみせてあげたいなと思ったおかんであった。

展覧会後にカフェで休憩して、アメ横から御徒町まで散策。ムスメとの散策はとてもとても楽しかった。格安でムスメは腕時計、わたしは普段使い用のピアスを購入。地元に戻り、定番のカフェタイム。ムスメが「充実した一日だった」と喜んでいたので、よかった。また行こうね。

なおその頃サニスケは、約束していたお友だちが急遽帰省してしまい、一緒に遊ぶことは叶わなかったけれど、それなりにぱぱぃと楽しく過ごしていた様子。よかった。

子どもたちと土曜日

数週間ぶりに土曜公休。午前中は美容院。配偶者氏も不在とのことだったので、サニスケ同行して待合ソファで読書させてもらう。子連れ出勤ならぬ子連れ美容院。今週は連日寝不足続きだったので、美容師さんに話しかけられても気がつかないほどにずっと爆睡していた。2時間近くも読書をしながら待っていてくれたサニスケには感謝。

夕方はムスメと勉強タイム。いつものカフェが入場待ちの列ができていたので、今日はファミレスにて。

ポコンたんと保護者会

今日は仕事は休みを確保して、ムスメの学校の保護者向け講演会と学年保護者会に参加した。講演会は思春期の子どもに対する関わり方がテーマで具体的な内容は参考になった。しかしやはりこの年代の子どもの関わり方に悩む保護者が多いのだなぁと痛感した。子どもの成長に応じて親の側もアップデートを強いられる。

学年保護者会では校長先生の総括的なお話、学年主任の先生からの具体的な学校生活の様子、副担任の先生からのICT教育の一層の取り組みについて、そして各教科の先生方からの学習の様子と今後の予定について。全体像から始まり、細部に進んでいく構成がうまいな〜と感心したり。

保護者会後に担任の先生と個別に話す機会があり、ムスメの学校の様子を聞いたところ、大絶賛されたので一安心。

ICT教育といえば再来年から全生徒にタブレットを配布することになったとのことで、時代の流れを感じる。個人的には大賛成(そして関連で仕事のタスクを思い出した程度に仕事脳なおかんであった)。

 

阪神淡路大震災から今日で24年目。あの朝にニュースでみた光景は忘れない。合掌。

思うこと

今朝は波乱。この件は、時間が解決することだとあらためて思ったり。

仕事では、今年度の最大業務が昨日から具体的フェーズに突入。そのなかで、ある方からかけられたひとことで、自分には当たり前のことだったけど、きちんと言語化して周囲に伝えておくべきだったのだなぁと気付かされたり。でもこれはおそらく具体的フェーズに入った時期に話し合うべき課題で、もっと前にはきっと全体的な共有が難しかっただろうと思うと、物事何でもタイミング。

全ての課題を一気に解決する選択肢なんて魔法はなくて、解決すべき課題と優先順位を明確にしながらひとつひとつクリアしていくしかない。そしてひとつクリアしたら別の課題が生まれるから、またそれもクリアしていく。その繰り返し。

サニスケと英語

小学校3年生からムスメと同じ英会話学校に通う計画だったのだけど、現時点での習い事の種類がすでにムスメの同じ時期より多いので、自宅で勉強することでよいかなと思うに至った。

そこから紆余曲折があり、ス○イルゼミを試すことなり昨日早速届いたのだった。第一目的の英語は学年の途中の講座からなので少々難しく4月から仕切り直すことにして、第二目的の漢検の講座の方はほとんどゲーム感覚でサクサク進めている模様。4月からはプログラミングや社会、理科も配信が開始するので、本人が楽しみにしている様子。

自宅で宿題以外の勉強をすると同じ時間だけスクリーンタイムが追加されるので、現時点ではそれが原動力なのは明白だけど、”つまらない、つまらない”とテレビ番組をみて時間を潰すよりはよいのではないかな〜と思っているおかんなのであった。

小学生から英語を勉強させることの是非はあるけど、でも少なくとも耳慣れして、英語に対する心理的なハードルを下げておくことは有効なのではないかなと思っている。ちなみにこのように書くといかにも教育ママ的にみえるけど、実際は手抜きおかんである。

日曜日はバナナジュースの日

昨日も出勤で明日も出勤なので、朝はさすがに寝坊させてもらい、洗濯を済ませたあとサニスケと買い物に。わたしの目的の化粧品は買えたけれど、サニスケがお年玉で購入計画していたWiiU版"レゴシティアンダーカバー"は、店頭はSwitch一色でWiiUのゲームは片隅に数本あるばかり、やむなくその場でAmazonさんに発注してあげた。

年末に久しぶりに来訪してくれた悪友たちと話していてゲームにはレーティング(対象年齢制限)があることに気づかされたのだけど、ムスメやサニスケの話を聞く限り、あまりそのあたりは気にしていない保護者が多そう。わたしもゲームは疎いので、あまり意識していなかったので反省。"レゴシティアンダーカバー"もB(12歳以上)だったけど、大体内容は把握しているのでOKとした。

昼食からムスメも合流して、いつもの喫茶店へ。ムスメが受験生だった頃から日曜日の午後はここでカフェタイムを過ごすことが定番で、ムスメはバナナジュース評論家と化している(作るひとによって味の濃さや甘さが違うらしい)。

ムスメが勉強しながらたまに質問してくるのだけど、英語はともかく数学はなかなかとっさに答えられなくなってきた。数1はかろうじて対応できるけど、微積分になったらお手上げなので一緒に勉強しようっと。

おまけ。日曜日の夕食はホットプレート料理が多いのだけど、今夜は初めての品に挑戦してみたところ大好評。費用対効果も高く、我が家の定番になりそう。

【2019−1】読書記録

2019年の読了本1冊目は、枡野俊明”怒らない禅の作法”(河出文庫,2016)。年末に体調が悪かったうえに、連日の3食食事作りで疲弊したこともあり、家族にイライラしてしまう場面があったので、今年こそは自分のマイナスな感情に振り回されたくないなぁと思っていた正月2日に書店の店頭でみかけて購入した本。

さすがに年齢の効用もあるのか、最近は自分の感情を自分でコントロールすることは身についてきたと自覚しているけれど、睡眠不足のとき・過労気味なとき・体調のわるいときにはなかなかそれが難しい。そういうときも含めて自分の機嫌は自分でコントロールしたいなと思って読んでみた。

内容は割と当たり前のことで、新たな発見というより再確認という感じではあったけど、それでもそこで再認識したある習慣を心がけて過ごして約10日、さほど凹む場面はなくて過ごしている。ほかに中に書かれている禅語が興味深く、普段から自分が考えている見方に近いように感じたので、禅の考え方に関する書籍を読んでみようかなと思ったり。

おまけ。数日前に他の書店に立ち寄ったら、この著者の書籍が大量に平積みしてあり、売れっ子だったのか〜と気が付いた次第。

 

怒らない 禅の作法 (河出文庫)

怒らない 禅の作法 (河出文庫)

 

 

ポコンたんと休部届

ムスメが今日休部届を提出したらしい。複数いる顧問の先生全員の印鑑を受けなくてはいけないために今週は悪戦苦闘しながらスタンプラリーをクリアした模様。

昨日の夜は久しぶりにムスメが学校のことをたくさん話してくれて、嬉しかった。”ままいの日記(”始業式前夜”)を駅のホームで読んで号泣しそうになったよ”と聞いて、こちらがうるっときてしまった。

わたしが姿勢を変えたことで、ムスメもだいぶ落ち着きを取り戻してきたように思う。この先も色々起こるだろうけれど、ムスメを信じて、本人の判断を支持して、求められたときにはできる限りの手助けをしていきたい。